RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略語で、ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、ルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えたソフトウェアのロボットが代行・自動化する概念、と定義されています。業務を代行・自動化するソフトウェア型ロボット自体のことを、「デジタルレイバー・デジタルワーカー(仮想知的労働者)」などと擬人化して呼ぶこともあります。

 

また、このRPAという概念を実現するツールのことを、RPAツールと呼びます。現在、RPAという言葉が様々な形で利用されていますが、広義のRPAとはRPAという変革全体を表し、狭義のRPAというとRPAツールを表すケースが多いです。

 

RPAの定義では「ルールエンジンやAI(人工知能)などの技術を備えた」と説明されていますが、これは広義のRPAに関することであり、狭義のRPA(RPAツール自体)はルールエンジンで動くも、つまりAI(人工知能)は内包していない、と整理する方が分かり易いでしょう。

RPAを導入する5つのメリット

貴社の現在抱えている問題、今後の展望・計画などを伺わせていただき、弊社の豊富な採用アウトソーシングの実績・ノウハウにより、効果的な募集戦略を企画します。
新たなターゲット層の開拓、複数拠点や全国での採用を一括管理など、貴社の募集の企画、採用業務運営をトータルでサポートします。最終面接と採用の判断を除くすべての業務で負荷を軽減することができ、貴社人事スタッフは「コア業務」に集中することが可能になります。
お問い合わせ
各種お問い合わせは以下のフォームからお願いします。
​​※は必須項目です。
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2019  HIRYU KIKAKU All Rights Reserved.