• 採用マーケティングのRICTEC

「病院」と検索させるか「内科」と検索させるかで、認知・集客に何倍も開きが出る。

Rictecの新美Pです。(紹介はこちら)

今日は、少し踏み込んだ事を書きます。でも、内容的にはぜんぜん難しくないです。


最近、病院のホームページを新しくしたとか、Web集客を頑張ってますとか、そういう病院・クリニック・診療所の方も多くいらっしゃると思います。その際、自院の事をWeb上で

「当病院は~・・・」って紹介していますか?もしくは、 「当内科は~・・・」って紹介していますか?

え、どっちも同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、実は違います。

何が違うかというと、


ユーザーさんは、どっちのキーワードでより多く検索してくるか?


という点で違います。特に、エリアマーケティングをするならここを間違えると致命的です。 なぜかという理由を話しましょう


GoogleやYahoo!などの検索枠にキーワードをいれると、「サジェストキーワード」という、よく検索されるおすすめキーワードが出てくるのですが、これが病院・クリニック・診療所というのと、今回は比較で試しに内科・皮膚科・外科というキーワードで比較検索をしてみました。 例えば、病院+「任意の文字」でサジェストキーワードを出すのですが、今回は、それぞれの文字がキーワードに続き文字を「あ」からはじまるもので統一して比較します。


まずは、病院・クリニック・診療所から。

なんだか、こちらは、業者間というかビジネスなにおいがしますね。

それでは、内科・皮膚科・外科だとどうなるかというと、


先ほどとはうってかわって、 内科×「地域名」

で検索される数が非常に多い事がわかります。


つまり、病院を探してる方は、病院というキーワードではなく、科目名で検索している事がわかります。ということは、この科目名×地域名でちゃんとセットアップしてあげれば、アクセスが上がるわけです。(まぁもっとも、そんな単純ではないですけどね)


ちなみに、この考え方は、病名とかでも有効です。特に、病名×地域名で検索する方はかなり多いので、そこをポイントにしてコンテンツを作っていくと、非常に有効かと思います。


今回は、1つのキーワードで反響がものすごく変わる可能性がある事をお話しました。


僕の知見をぐぐっと詰め込んだ新商材があります。新患さんを迎え入れる為の戦略戦術あれこれご提供します。その名も、新患さんいらっしゃい

です。

どうぞよろしくお願いいたします。