• 採用マーケティングのRICTEC

病院・クリニック・治療って怖いよね?を解消する、バーチャル治療体験動画

新美Pです。 実は、動画をやってみたい!という声が多くて、ここ最近は取材撮影によく出かけています。その中で、あるクリニックの院長さんと話をする機会がありました。

この時に出たキーワードが、こちら。


「クリニックって怖いって思っている人、多いよね」

「どんな治療をするかわからないって、怖いよね」

「実は、医療従事者でもいざ自分が受ける側になると、怖いって思う」


なるほど、みんな怖いんですね。

(たまに、病院大好き!っていう人もいますが・・・)

実際、僕なんかもそうです。 入院します手術しますっていう時、やっぱり不安で怖いからと、病院のことから病気のことまでものすごい勢いでサーチしますもの。でも結局怖さから開放なんかされないわけです。心持ち最悪なわけです。

安心して治療を受けられるっていうのが最初から分かっていれば、そんな気持ちだってほぐれますし、じゃあこのクリニックに行ってみようっていう気にもなりますよね。


患者さんになる方の不安を解消して来院を促進させるには、動画が一番効果的かなと思います。動画と一口に言ってもいろいろありますが、僕が最近よく作っているのが、


「バーチャル治療体験動画」


です。例えば、

・PCR検査受診一連の流れをバーチャル体験 ・歯科治療一連の流れをバーチャル体験 ・クリニックまでのアクセスをバーチャル体験


こんな事をします。インタビュー動画やイメージ動画など最近多くありますが、バーチャルで体験するってあまりないですよね。

せっかく動画を作るなら、僕は、より不安を払拭させて、ああ、ここなら通いたい!と思っていただけるような動画を作って運用した方が、効果が出るよねって思います。


例えば、こんな流れで動画を作ります。


<コンテ例>

①患者さん受付

②待合室〜診察室へ ↓

③診察〜治療シーン

④支払い(歯科などは次回予約)シーン

⑤院長メッセージ ↓

⑥〆の画像表示(QRや電話番号など)


大体こんな感じでしょうかね。動画の時間も2分前後くらいでしょうか。 だいたい撮影時間も2時間くらいあれば撮りきれるかなぁと思います。(編集はこの数倍以上時間かかるのですけどね)


あと不安を払拭させるという観点では、 保険適用外の治療のPRをする際、こちらも結局実態が見えないような事が多いわけですから、こちらも動画でPRをすべきと考えています。


動画広告を出す場合だと、いわゆる医療法による広告規制を考えながら動画を作っていく必要がありますが、効果をうたうものでなく、ただただバーチャル体験をするだけの動画なら問題なく広告としても出せるのではないかと思います。


もう動画を始めているクリニックの方々もそうでない方々も、バーチャル体験動画、導入してみませんか?



病院・クリニック向けのWeb集客改善サービス

新患さんいらっしゃい

どうぞよろしくお願いします。

※こっそり、2021年2月中、動画半額キャンペーンやってます。



7回の閲覧0件のコメント