• 採用マーケティングのRICTEC

動画を作ったから、Web広告だけでなくTVCMも挑戦してみたい方向けのお話

新美Pです。

この冬から春にかけて、動画制作案件が増えています。これからも、どんどん増えるかと思います。弊社に関してでいえば、「安価」「激安」で、コンテ・取材・編集まで全部ひとまとめで制作して1本10万円という価格で動画を作っているものもあるので、引き合いをいただいています。

動画を作れば、


・Webサイトへの展開 ・YouTubeやSNSでの広告展開(秒数指定あるのでここは注意) ・デジタルサイネージへの展開


など、色々と幅広く活用ができます。

まず、ここまでできれば、通常想定されるWebメディアなどでしたら、サクサクと対応できます。ギリギリ鉄道広告のトレインビジョンまででしたら供給方法によっては通常の動画(MPEG4形式)でも対応可能です。もちろん秒数指定はありますが。


さて、ここで問題です。 TVCMもやってみたい!という話もここで出てきます。 最近では、Smart Ad System(SASと略しています)という発注方法があり、1本15秒5万円から枠を買う事ができるので、考え方によっては、TVCMでの広告展開も1クリニックでも可能ですし、実際はじめている所もあります。TVCMもなかなかお安い時代になりました。


まず、広告枠自体を買うのは簡単です。 放送2ヶ月前に枠販売が始まるので、早いもの勝ちで広告枠を買います。値引きはできません。ここまでは簡単です。ですが、ここからが問題です。

TVCMの広告、Web広告のフォーマットそのままでは入稿ができません。 秒数指定もありますが、入稿フォーマットが決まってます。

XD -CAMの方式で入稿するということが決まっている他、映像・音源に関しても規定が決まってます。(それ相応の細かい加工が必要なんです)


特に音声処理に関しては、ラウドネス処理など放送局基準に適したもにする必要と、納品動画に関しても同様に放送局基準の編集を施す必要があります。

よって、手数もかなり増えますので、お値段もグッと高くなります。


お手軽にPRをするならTVCMには手を出さない方がよいですが、広く視聴者を獲得していきたい、爆発的に存在を知らせてたい!なら、TVCMは非常に有用なので、1つ言えることは、


動画を使って何がしたい?


ここだけは明確にイメージして置いて欲しいというところです。 そうでないと、いらん費用をわざわざかけることになってしまいます。

僕らも、ただただ動画やりましょう!なんていうお打ち合わせはしません。動画作って何していきたい?というお話から、すべて組み立てをしていきますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

12回の閲覧0件のコメント